任意整理入門:借金返済が辛くなってきたら弁護士にご相談を

債務整理

 

○任意整理:敷居の比較的低い債務整理方法

自分の返済できる限度を超えて借金をしてしまうと、借金を返すために別の借金をするようなことになり(いわゆる自転車操業)、多重債務状態となって、いずれ返済は行き詰ってしまいます。したがって、必要があって借金をする場合には、自分の収入から考えて返済できる金額かどうかを十分に考慮した上で借金をすべきです。

それでも返済が苦しくなってしまった場合には、払えなくなった借金(債務)を整理する必要が出てきます。

債務整理の方法としては、自己破産、個人再生、特定調停、任意整理などさまざまなものがありますが、そのうちでも最も一般的で手続が取りやすいのが任意整理です。

そこで、ここでは任意整理について説明することにします。

 

1.任意整理とは

そもそも任意整理とはどのようなものなのでしょうか?

債務整理の方法としては、破産、個人再生、特定調停といった方法がありますが、これらはいずれも裁判所で行う手続です。

これに対して、任意整理は裁判所で行うものではありません。通常は弁護士や司法書士に依頼して行うもので、弁護士や司法書士は債務者の代理人として債権者(貸金業者)と借金の返済に関する交渉をします。

その交渉の内容は、毎月の返済額を債務者が返済できる範囲内の金額に減額したり、返済総額を減らしたりなど、場合によってさまざまですが、いずれにしても、裁判所の力を借りずに債権者と債務者とが話し合いによって借金の返済について解決するのが任意整理です。

 

2.任意整理のメリット

では、任意整理はほかの債務整理の方法と比べてどのようなメリットがあるのでしょうか?

(1) 裁判所を利用しない

自己破産、個人再生や特定調停といった手続は裁判所で行うものですから、書類を整えた上で裁判所に申立てをして行う必要があります。また、自己破産、個人再生の手続を取ると、官報(国が国民に知らせる情報が掲載されているもので、国が毎日発行しています。)に自己破産や個人再生手続を始めた人の名前や住所が掲載されてしまいます。

これに対して任意整理は裁判所を利用しませんから、裁判所に申立てをする必要はありません。したがって必要書類を揃えたりする面倒もありません。また、裁判所を通しませんから、任意整理をした人の名前や住所は官報に掲載されることもありません。

(2) 費用が安く済む

自己破産、個人再生などの手続よりも、任意整理に掛かる費用の方が通常は安くて済みます。

自己破産や個人再生の場合には、手数料として裁判所に一定の金額を納める必要がありますが、任意整理はその必要はありません。また、弁護士に依頼をした場合の弁護士費用も、自己破産や個人再生よりも任意整理の方が安いのが通常です、

(3) 柔軟な解決方法

任意整理は、債務者(代理人)と債権者との話し合い(交渉)で解決するものですから、ケースに応じて柔軟な解決方法を取ることができます。

月々の返済額を減額してもらったり、ボーナス時に多めに返済するようにしたり、返済総額を減らしてもらったり、必要に応じてさまざまな解決が考えられます。また、複数の借入先のうち特定の借入先のみ整理の対象とすることも不可能ではありません。

自己破産や個人再生などの手続ではこのような柔軟な解決はできません。

このように、任意整理にはほかの債務整理の方法にはないメリットがありますので、うまく利用すれば大変便利な手続ということができます。

 

3.任意整理の方法

次に、任意整理の具体的な方法(流れ)を説明しましょう。

委任を受けた弁護士(または司法書士。以下同じ。)は、まず債権者に任意整理を受任した旨の通知(「受任通知」)をします。そして、最初の借入れから現在までの取引履歴(借入れや返済の記録)を送るよう債権者に依頼します。

この弁護士からの受任通知が債権者に届いた後は、債権者は債務者に直接連絡を取ることができなくなりますので、債務者としては精神的に大変楽になります。

債権者から送られた取引履歴をもとに、弁護士は、借金の利率が利息制限法で定められた利率に違反していないかをチェックし、違反している場合には払い過ぎた利息を元本に充当し直す計算(引き直し計算)をします。

その結果、全体が払い過ぎとなり、払い過ぎた分を債権者に返還請求できる場合もあります(いわゆる過払い金の返還請求)。

払い過ぎにならなかった場合には、引き直し計算によって算出し圧縮された借入元本額を分割で返済する和解案を債権者に提示して交渉を行います。もちろん、月々の返済額は債務者が無理なく支払える金額に設定します。

そして、返済中は利息が発生しないよう交渉し(将来利息のカット)、返済額がなるべく少なくて済むようにします。

複数の債権者がいる場合には、このような作業を各債権者に対して行い、全ての債権者に対する毎月の総返済額が債務者の収入から返済が可能な金額に収まるように調整します。

このようにして全債権者と交渉が終われば、あとは決まった金額を毎月返済して行くだけです。

もっとも、債権者と条件が折り合わず不調に終わってしまうという場合もあります。その点は予め注意しておく必要があります。

 

4.まとめ

任意整理について簡単に説明してみました。

任意整理は、さまざまな債務整理の方法のうちでも、柔軟性に富み、費用や手間もさほど掛からない点で優れた方法です。特に、深刻な状態にまでは至っていない借金問題の解決には大変適した方法といえます。返済が苦しいなと思ったら、本格的な借金地獄に陥る前に、任意整理によって解決を図ることをお勧めします。

 

5.債務整理は田中法律事務所まで

債務整理の中でも任意整理は上述のように比較的敷居の低い整理方法です。任意整理が難しいケースでも、個人再生、自己破産などの、こういった法的な方法で借金苦から解放されることができるケースがあります。

参考:
債務整理の解説ページ

田中法律事務所は、広島県広島市中区にある法律事務所です。初回無料相談もございます。広島で借金問題でお困りの方は、まずはお電話もしくはメールフォームよりご相談ください。